般若心経の内容全文と解説まとめ|知れば心が楽になる「空」の思想|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

大本は小本の前後に序と結びの部分を加筆したもの ともいわれている。 また玄奘訳とされている『般若心経』は用として最も広く普及しているが、これは鳩摩羅什訳と玄奘訳との双方がある経典は、古来前者が依用されていることを考慮すると異例のことである。

17

般若心経

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

スピードラーニングで英語を 学ぶかのごとく。 脚注 [ ] [] 註釈 [ ]• ぶっせつまかはんにゃはらみった しんぎょう 仏説摩訶般若波羅蜜多心経 かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく しゃりし しきふいくう くうふいしき 観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 しきそくぜくう くうそくぜしき じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ しゃりし ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ ふぐふじょう 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 ふぞうふげん ぜこくうちゅうむしょく むじゅそうぎょうしき むげんにびぜつしんい むしきしょうこうみそくほう むげんかい 不増不減 是故空中無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 ないしむいしきかい むむみょう やくむむみょうじん ないしむろうし やくむろうしじん むくじゅうねつどう むち やくむとく いむしょとくこ 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 ぼだいさった え はんにゃはらみたこ しんむげげ むげげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう くうきょうねはん 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 さんぜしょぶつ えはんにゃはらみたこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい こちはんにゃはらみた ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ のうじょいっさいく しんじつふこ こせつはんにゃはらみたしゅ そくせつじゅわつ 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経 高神覺昇著「般若心経講義」(角川文庫)から引用しましたが、WEBでは表現できない環境依存文字も含まれているので、原文どおりに見えるかどうか?? 一応ルビも付してみました。

14

般若心経全文 ふりがな

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

仏説摩訶般若波羅蜜多心経 ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう 、 摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみったしんぎょう 、 般若波羅蜜多心経 はんにゃはらみったしんぎょう とも言います。 またインド人の書写による6世紀初半以前のものである」と鑑定していた。 四苦八苦の苦しみを、苦しいとありのままに見ることが出来れば、ありのままに見るという智慧も必要で無く、悟りを得るというこだわりも無くなるということのようです。

15

「魔訶般若波羅蜜多心経」の内容について考えてみました

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

ここでは、筆者が20歳台の頃(まだキリスト教の理解が浅い頃に)、書いた「青臭い感想文」を記してみることにします。 「唯識論」は「唯心論」と似ているが、「唯心論」でいう心もまた「空」なるものと観ずる点が「唯心論」とは異なるものであるといわれる。 その後、派生動画として伴奏が風のものなどが投稿され、それらを集約したも発売された。

9

ys

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

現存する最古の漢訳文とされる弘福寺()の『碑』に彫られたものでは、冒頭(題名部分)は『般若波羅蜜多心経』だが、末尾(結びに再度題名を記す部分)では『 般若多心経』(はんにゃたしんぎょう)と略されている。

5

自然に覚える般若心経

か は はらみ にゃ ぎょ ん ま う しん た

金岡秀友 『般若心経』 、1973 、2001年。 波 は 羅 ら 掲 ぎゃ 諦 てい。 故知般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒 (こちはんにゃはらみた ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ) したがって、彼岸に至る智慧はあらゆる人に平等にもたらされるこれ以上ない尊いものなのです。

2