「ずつ」と「づつ」の違いとは?どちらが正しいの?

ずつ づつ ひとつ ひとつ

もともと濁っているものは「じ」「ず」を使う 二語に分解できる場合でも、元の言葉から濁っている場合はそのまま「じ」「ず」を使うようにしましょう。 その一例がこの「ずつ」と「づつ」の用法なのでした。

「ひとつずつ」「ひとつづつ」正しいのはどっち? 使い方を解説

ずつ づつ ひとつ ひとつ

ちなみに、「記者ハンドブック」に似た形態で、主に文芸書の編集者や作家が使っている、講談社のという辞典がありますが、こちらも 「ずつ」が統一表記として挙げてありました。

17

【ずつ】と【づつ】の意味の違いと使い方の例文

ずつ づつ ひとつ ひとつ

表記の慣習による特例と書かれていますが、本則というルールがあって、それに付随する様々な例外があることがわかります。

5

ひとつ「ずつ」?それともひとつ「づつ」?どっちが正しいの? | ガジェット通信 GetNews

ずつ づつ ひとつ ひとつ

28ページ、3歳から。

10

『ひとつひとつ。少しずつ。』(鈴木明子)の感想(28レビュー)

ずつ づつ ひとつ ひとつ

そのため「ひとつづつ」「少しづつ」など「づつ」を使うと歴史的仮名遣いということになります。 「ずつ」と「づつ」の違いについて 結論からいきましょう。 日本語の中には、この「ずつ」や「づつ」のように、同音の読み方をするために混同されやすい表現が多くあります。

19

「ずつ」と「づつ」…どっちが正しいか調べたら、内閣告示に辿り着いた

ずつ づつ ひとつ ひとつ

内閣告知では「づつ」よりも「ずつ」を推奨 内閣府では「ずつ」を使うことを推奨していますが、「づつ」でも間違いではないとしています。 ほかに「鬼灯(ほおずき)」「盃(さかずき)」などがあり、基本的には「ず」が正しいのですが「ほおづき」「さかづき」という風に「づ」でも問題ありません。

14