司馬遼太郎の紀行文『街道をゆく』を読んで旅した気分に。

文 と は 紀行

その後、私はたしか孤雁君からと思うが、ビョルンソンという作家の、山岳小説のことを聞かされた。 『』()• 『』()• 早稲田大学「探検部」の出身で、高野秀行の後輩にあたる。

小島烏水 紀行文家の群れ ――田山花袋氏――

文 と は 紀行

具体的に書いたり、 詳しく書くと、書く人にとっては「詳しい記録」なります。 『』()などが典型。

9

【紀行文】山旅の発端|後立山連峰縦走 鹿島槍~五竜~白馬【0日目】

文 と は 紀行

彼女と自分をつなぎとめていた糸がこれで切れたようだ。 一群の人たちは、遅塚麗水、大町桂月、江見水蔭、田山花袋、久保天随、坪谷水哉などであるが、花袋が紀行文家と言われた時分は、自然派文学勃興以前のことで、文章に感傷癖はあったが、淡泊清新、ことに武蔵野あたりの原野や雑木林の寂しさを、淡彩的に点描するのに巧みであった。 目次 古くから書かれている旅の記録「紀行文」 旅をして見聞したことや、それを見た自分の感想を記録する「紀行文」は古くから書かれ、読まれています。

17

司馬遼太郎の紀行文『街道をゆく』を読んで旅した気分に。

文 と は 紀行

歴史小説から入るのは敷居が高いという方には、司馬本の最初の1冊としてもおすすめです。 文章は修飾過多にならず簡素であり、その背後には子を思う親心が 揺曳 ( ようえい )している。

8

紀行

文 と は 紀行

『九州道の記』は、 豊臣秀吉 ( とよとみひでよし )が島津・大友両氏の闘争鎮定を口実に、九州征服を企てた際、 丹後国 ( たんごのくに )の田辺城にいた 細川幽斎 ( ほそかわゆうさい )が、天正十五年(一五八七)四月、日本海を航行して九州博多の陣所で秀吉に謁見し、帰途は瀬戸内海を経て 難波 ( なにわ )に着くまでの旅の記。

5

紀行文の書き方がよくわかりません。書き始めやアドバイス、例文な...

文 と は 紀行

正確に言えば、柏の自宅を大町へ向けて出発するちょうど24時間前である。 柏から往復3時間かけてきたが、会ったのはたったの3分。 バスは乗客がかなり少なかった。

19