千載和歌集 668の現代語訳教えてください!

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

質問者usiodonさんの解釈には共感できる点もありましたので ちょっと余計な事まで回答してしまいました。 No3のkogotokaubeweさんの情報と以上の事を踏まえて、 質問者usiodonさんの解釈を敢えて採用するようにしてみるとこんな感じになります。 それはいけません。

16

無名抄『深草の里/おもて歌』現代語訳

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

思はずにあさましくて、「こはいかに。 聴いて・わかる。

15

古典、毎月抄の「ある人、花実のことを歌に申して」から「言葉のつたなき...

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

左大臣光永です。 それが坐禅の妙味であるといえるだろう。 坐り方には、 結跏趺坐と半跏趺坐がある。

宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』現代語訳

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

まことに、さる事やは侍る。 ああ、弟よ、戦ひに 君死にたまふことなかれ。

13

古典、毎月抄の「ある人、花実のことを歌に申して」から「言葉のつたなき...

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

「いぶせくある」は心がふさぎこんだ様子。 「五雲」は「五色の雲」。

3

『枕草子』の現代語訳:58

の こと 語 訳 も て 歌 現代 お

また一本をとりて亡児真一に手向く。 考えるという営み自体は非常に重要だが、本当の理解とは、頭で考えて得られるものではない。

6