【一色いろはSS】八幡「37.5℃か…」

Ss 八幡

あれが友チョコなんだからお前らのは友チョコというより試食だな」 相模「ほ、ほーる!?」 八幡「いろはすに至ってはほっぺたにチョコ塗って、『はい、私を食べてください先輩! 勘違いしないでくださいね。 下着と寝巻きは小町のを使ってくれ」 いろは「あ、服まで借りるのは悪いですよ」 八幡「…だったら俺のジャージ使え。 633• 相模「ほんとウチって嫌な奴だったよね」 八幡「顔が引きつりすぎて怖かった」 相模「それは比企谷の顔がむかつ」ドサッ 八幡「あ」ボコーッ おち。

1

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

Ss 八幡

64 八幡(今日も奉仕部は暇である) 八幡(依頼が来るときは面倒な大事が多いが、依頼自体はそうたくさん来るものではないからな) 八幡「ふう……」 雪乃「あら、どうしたのヒキガ……比企谷君」 八幡「いま両生類の名前言おうとしただろ」 雪乃「あら、訳の分からないことを言わないでくれるかしら」 八幡「いや、いつも言われてるからな……」 雪乃「そんな理由で言いがかりをつけるのかしら。 242 メタ情報• 28 いろは「この前一生懸命看病してあげたじゃないですかー」ボソッ 八幡 それを言われると弱る… 八幡「分かった、行くか。 446• 何かあった…のかもしれない。

5

八幡「雪ノ下に本気でキレてしまった」

Ss 八幡

お前結構人気者になっているみたいだな」 八幡「はぁ」 静「で、実際事実なのか?」 八幡「嘘…ですよ。 遊びも人間関係もサークル単位になるし、始めのうちは俺も誘ってもらえてたんだが」 雪ノ下「事ある事に断ったのね」 八幡「………おい、どうしてわかった」 雪ノ下「『由比ヶ浜のサークルに俺という異物はいるべきではないから距離をおこう』……あなたの考えそうなことじゃない」 八幡「伊達に2年も同じ部活やってねぇなお前」 雪ノ下「由比ヶ浜さんの嫉着から逃れられるって相当よ。 大勢の女子から喋りかけられたり 由比ヶ浜や雪ノ下達もなんか変だし. 言っただろ 、これは自己犠牲の一種。

そして元カノと再会する

Ss 八幡

どんな顔で母や姉に会えばいいのか。

9

雪ノ下「もしかして……比企谷くん?」

Ss 八幡

56 八幡「………」 いろは あれから4時間くらいぐっすり寝たけど… いろは あんまり熱が下がらない… いろは「う〜ん…もういっそのこと救急車呼んだ方がいいですかね…」 八幡「…というかお前はそろそろ帰った方がいい。 あなたと話せなかったこの二週間、本当に寂しかったわ……」グスッ 八幡「お、おう……なんか恥ずかしいぞ」 雪乃「また、一緒に部活動、してくれるかしら」ギュッ 八幡「わかったから離してくれっ!恥ずかしいし!勘違いするから!」バッ 八幡(こういうイベントで勘違いしちゃう男がこの世に五万といるから!) 八幡「あー、そのなんだ……。 実際のレイプ未遂犯は横山海人だと言うのに。

八幡「小町と喧嘩してしまった」

Ss 八幡

先輩」 裏路地 不良「おい、ねーちゃん暇だからどこか行こうぜ」 女子生徒「やめてください」 八幡「 うん?ヤンキーがいるぞ、ほうっておくと、あんなことやこんなことを無理矢理されちゃうからな. 全3話 執筆中 作(Pixiv) 自販機の光に照らされて、横のゴミ箱がぼんやりと見えるのだが、その前に何かがヤンキー座りで項垂れている。 小町は、お兄ちゃんのためなら何だってできた、だからこそ雪乃さんや結衣さんを煽ったりして、お兄ちゃんが幸せになれるように努力した。

13

PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-川崎沙希ルート)

Ss 八幡

雪ノ下「もう下校時間になるから帰りましょう」 由比ヶ浜「ゆきのん一緒に帰ろー」 雪ノ下「そうね、二人で帰りましょう」チラ 八幡「おい、わざとか。 66 ID:0cNwdzKS0 八幡 昔の俺と、今の俺の弱さの違い。 07 * 八幡(今日も何事も無く平和に終わった) 八幡(あとは寝るだけだ) 八幡(……) 八幡(嫌われてる、とは思っていなかった。

15

八幡「俺の目が腐ってないだと....?!」

Ss 八幡

なんであんな人間がいるんだろう。

【俺ガイルSS・八幡】比企谷雪乃(29歳)「旦那を仕事に送り出したし家事をはじめましょうか」

Ss 八幡

八幡「あ、なにしてんだよこんな暗い中」 小町「…」 八幡「小町?」 小町を呼ぶ。

15