【気骨が折れる】の意味と使い方の例文(慣用句)

読み 折れる 気骨 は が

【金平】キンぴら 「金平牛蒡 キンぴらゴボウ」の略。 また、お客さんの関係先「客」は1文字で音読みされて、そのまま日本語の単語として広く使われている。 気骨が折れるの由来 「気骨(きぼね)」単体で示す、心遣い・気苦労が終わる・台無しになるようなさまを指して「気骨が折れる」という言葉になります。

2021年2月26日 気骨が折れる、読みは?【ことば検定 林修先生】

読み 折れる 気骨 は が

ただし、語源としては「かわじか」の縮まったものだというから、本来はすべて訓読みで読む熟語。 【脚立】キャたつ 小さなはしごの一種。

13

「気骨が折れる」、読みは?【ことば検定プラス】 答え林修

読み 折れる 気骨 は が

【金歯】キンば 金でできた差し歯。 【香醋】コウず 酢の一種。 【京舞】キョウまい 京都で発達した日本舞踊の一種。

7

気骨の読み方と意味、「きこつ」と「きぼね」正しいのは?

読み 折れる 気骨 は が

【金色】キンいろ 貴金属のゴールドのような色。

7

「気骨が折れる」、読みは? 【ことば検定プラス】

読み 折れる 気骨 は が

「肝所」「甲所」と書くこともあるが、これらも重箱読みである。 「燗」の本来の音読みはラン。

「出来=?」「人気=?」意外な読み方がある漢字3選【ベテラン国語教師が解説】|CLASSY.(magacol)

読み 折れる 気骨 は が

気骨のように「きほね」ではなく、「きぼね」と濁って読むのは、日本語の「連濁(れんだく)」と呼ばれているものです。 英語ではSilver Fox。

「気概」の意味や読み方は?「気概を持つ」の使い方や類語を解説

読み 折れる 気骨 は が

【京間】キョウま 日本の建築で、基準となる長さの1つ。 「柄」の音読みヘイは、ほとんど使われることがない。

7