コロナ禍で増えている「不測の事態」。その意味や使い方とは? 使うタイミング・備え方・起きた時の対処法もご紹介

意味 使い方 コロナ禍

そしてもう一つ目にする「 コロナの禍中」の意味は分かりますか? こちらです。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「不測の事態」の意味 思いがけないアクシデントのことを「不測の事態」と言います。

コロナ禍の“禍”という漢字の読み方は何?言葉の意味や使い方は?

意味 使い方 コロナ禍

2月後半から一気に広がったのは、スポーツ誌と夕刊紙の影響です。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 例文3. 「コロナ禍」のように、災厄や災いなどの場合には「禍」が用いられます。

9

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い?正しい漢字や意味は?

意味 使い方 コロナ禍

阻止できる災いか、できない災いかで使い分けられているのです。 コロナ禍の場合は音読みとなり、『コロナか』が正しい読み方です。

20

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い?正しい漢字や意味は?

意味 使い方 コロナ禍

禍を使った言葉と注意ポイント 意外と知られていない禍を使った熟語やことわざを紹介します。

16

コロナ渦の読み方・コロナ禍と違いは?どっちかは間違い&いつから使い始めた?

意味 使い方 コロナ禍

予期していなかった悪い事柄や、喜ばしくない事柄に使われるのが主流です。 コロナ 禍 = 約3600万件 コロナ 渦 = 約 290万件 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトルのみに使われている記事数比較 コロナ 禍 = 24000件 コロナ 渦 = 783件 比較結果 明らかに「 禍」の方が「 渦」よりも多いですね! タイトル&本文 では 約12. 一方、字の成り立ちから、わざわいを祓う儀礼そのものを「禍」と言ったという説もあるそうで(白川静「常用字解」)、やはり簡単に定義づけることはできなさそうではある。

1

いつから使われるようになった?「コロナ禍」の意味と正しい読み方|@DIME アットダイム

意味 使い方 コロナ禍

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす影響は、個人個人の感染のリスクの問題から、医療問題、そして経済問題、さらには国際問題まで多岐にわたり非常に複雑かつ深刻です。

2

朝日新聞校閲センターが教える日本語の使い方

意味 使い方 コロナ禍

「コロナ禍」とは、 新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況を指し 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、 3月半ば頃から、 新聞やネット上でよく見かけるようになりました。 あとがき 【禍(わざわい)を転じて福となす】 上記のようなことわざがあります。

17