地震の前兆|東日本大震災を科学分析して捉えた「異常変動」と「前兆現象」|MEGA地震予測

11 地震 月 3 日

11が起きることを事前に知っていたようです。 2014年1月10日閲覧。

9

地震の前兆|東日本大震災を科学分析して捉えた「異常変動」と「前兆現象」|MEGA地震予測

11 地震 月 3 日

9 5弱 内陸 正 NW-SE T 余震 負傷20、一部破損1、津波144cm 2016年12月28日21時38分 11km 6. 3の地震 震度 都道府県 市区町村 5弱 宮城県 石巻市 亘理町 福島県 相馬市 楢葉町 2011年7月31日3時53分ごろ福島県沖を震源とするM6. スラブ内:( 沈み込んだ海洋プレート内地震、深発地震)• 0で、日本の観測史上最大規模だった。 一方、釜石市唐丹町小白浜での破壊の状態から、防潮堤は向かってくる津波に対しての耐波力は有していたが、越流した引き波を想定した設計が不十分であったため防潮扉が破壊され、後続波に対して�. なお、気象庁が津波警報(大津波)を発表したのは1年ぶり(そのうち、青森・岩手・宮城では1年ぶり、北海道では約18年ぶり)である。 「 東北関東大震災」(とうほくかんとうだいしんさい) - 、• (研究内容と図の作成:酒井慎一准教授) このページを作成したのは,詳しい背景説明を,報道や一般の方から求められたためです(1月23日22時開設).本サイトでは以前から,需要に応じてこういった活用を行っています.また,何らかの理由で報道内容が科学的に正確でない場合にも活用を行っています. 以下,『』『』『』『』『』の順に,詳しい背景説明を掲載します. 用いられた解析手法 大きな地震はめったに起きませんが,小さい地震はたくさん経験されたことがあると思います.地震の頻度というのは,マグニチュード(M)が小さいほどたくさん起こり,大きくなるほど少ない,という経験則があり,それが『グーテンベルク・リヒターの式』と呼ばれる関係式で表現されています.たとえば日本では,おおよそ,M3の地震は一年に10,000回(1時間に1回),M4の地震は年に1,000回(1日に3回),M5は年に100回(3日に1回),M6は年に10回(1ヶ月に1回)程度となることが知られています. 一方,大きな地震が起こると余震がたくさんが発生しますが,余震の数は大きな地震(本震)から時間が経過するのに伴って減って行きます.これを数式で表現したものが『改良大森公式』と呼ばれる公式です.地震調査委員会はこれらグーテンベルグ・リヒターの式と改良大森公式を組み合わせて,を作りました. この手法の適用範囲は「狭義の余震」(本震の震源域およびその近傍で起こる余震)と明記されていますが,酒井准教授らは東北地震後に発生した首都圏の地震活動も広い意味では余震であるので,この手法が適用可能であると考えて,M7級の地震が将来起こる確率を,2011年9月に計算しました. 3月11日前後での首都圏の地震活動 下の左図は3月11日までの半年間(2010年9月11日~2011年3月10日),右図は3月11日以降の半年間(2011年3月11日~2011年9月10日)の,M3以上の地震の分布をあらわしています(気象庁一元化震源を使用).3月11日の地震の前後で,地震の数は,47個から343個に増加しています. 2010年9月11日~2011年3月10日のM3以上の地震の分布(左)と,2011年3月11日~2011年9月11日の地震の分布(右).47個から343個に増えている. この3月11日以降の地震活動には,3月10日以前からの定常的な地震活動と東北地震の影響による地震活動の両方が含まれていますが,後者の方が圧倒的に数が多いので,すべてが東北地方の影響であるとして解析しました.まず,グーテンベルグ・リヒターの式のパラメータ b値や改良大森公式のパラメータ p値を推定します.推定されたパラメータを『余震の確率評価手法』の中の算出式に代入して,M7程度(具体的には,M6. 8・最大震度4の当時最大余震と考えられていた地震が発生するなど 、3月11日の巨大地震当日にかけて震度1以上を観測する余震が発生していた。

6

東北地方太平洋沖地震

11 地震 月 3 日

2の地震 震度 都道府県 市区町村 5弱 宮城県 登米市 2011年3月14日10時2分ごろ茨城県沖を震源とするM6. では、板戸地区で沿いにある地山が土砂崩れを起こし、道路が封鎖されるなどの被害が出ている。 1 6弱 負 4 住家一部破損 60棟 【令和元年12月5日現在】 平成30年(2018年)9月6日 胆振地方中東部 平成30年 北海道胆振東部地震 6. 福島県の県外避難(2019年2月7日)(合計約5万人、県内避難は約8,600人) 1 山形県(1,822人) 2 東京都(7,449人) 3 新潟県(5,724人) 4 茨城県(3,943人) 5 埼玉県(3,820人) 6 千葉県(3,313人) 7 栃木県(2,948人) 8 神奈川県(2,449人) 9 宮城県(2,328人) 10 北海道(1,802人) 11 群馬県(1,688人) 12 長野県(1,003人) 13 静岡県(823人) 14 北海道(802人) 15 愛知県(795人) 16 沖縄県(738人) 17 大阪府(734人) 18 山梨県(710人) 19 京都府(702人) 20 兵庫県(604人) 推計人口 [ ] - - 被災地のうち、太平洋沿岸の青森県八戸市から福島県いわき市までおよび原発事故の避難地域の(2010年(平成22年)基準)を、震災前(2011年)と最新とを比較して以下に記載する。

4

東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録

11 地震 月 3 日

県外避難者は福島から3万263人 、宮城4196人、岩手1028人。 0前後に更新し、誘発される可能性があると発表した。 ただし前者はによる観測ではなく、後者も気象庁の震度発表対象の震度計ではないため、いずれも観測点の震度には反映されていない。

18

3月11日発生 東日本大震災に関する情報

11 地震 月 3 日

野蒜地区は、東側の仙台湾(石巻湾)から押し寄せた津波が内陸2キロメートル弱を横断し、西側のに流れ込んだ。 気象庁、2011年5月1日閲覧。 震度 都道府県 市区町村 本震における日本各地の震度分布図 7 6強 宮城県 6弱 宮城県 仙台市 仙台市 仙台市 福島県 茨城県 栃木県 5強 岩手県 宮城県 仙台市 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 さいたま市 千葉県 千葉市 千葉市 千葉市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 5弱 青森県 岩手県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 さいたま市 さいたま市 千葉県 千葉市 千葉市 東京都 神奈川県 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 横浜市 川崎市 川崎市 川崎市 相模原市 相模原市 山梨県 の内では、全ての区において、震度5弱もしくは5強の揺れを観測した。

東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録

11 地震 月 3 日

特に日本海溝東側の海溝外縁隆起帯(アウターライズ)では本震によるの影響で、余震が発生した場合にのようにより規模が大きくなる可能性が高まったことも指摘されている。

2